ドイツ

ハンブルク観光・旅行で知っておきたいこと全部

ハンブルク観光
ハンブルク観光するペンギン
ハンブルク観光するペンギン
ハンブルク観光に行くよ!
ハンブルクってどういうところ?どこにあってどうやって行くの?ハンブルク観光でハズせないスポットは?観光には何日必要?
ハンブルク観光に必要な情報をぜんぶ教えて!
というわけで「ハンブルク観光」についてまとめます。

 

この記事の内容
  • ハンブルク観光で知っておきたい基本情報
  • ハンブルク観光スポットの紹介
  • ハンブルク観光への行き方や準備でのお得情報

など、「ハンブルク観光」にまつわる全てをまとめて紹介します。

 

ざっくり自己紹介

この記事を書いている僕は、2019年の3月にヨーロッパひとり旅でドイツ第二の都市・ハンブルク観光をしました。ハンブルク滞在したわずか半日で、多くの観光スポットを訪れ、たくさんのことを体験しました。ハンブルクの経験値はわりと高めです笑

ハンブルク観光の基礎知識

ハンブルク観光

 

ハンブルクは人口と面積がベルリンに次ぐ、ドイツ第二の都市です。
概要はサクッと下表のとおり。

 

ハンブルクの概要
面積 755.26平方キロメートル
人口 約175万人
言語 ドイツ語
通貨 ユーロ

 

海に近いハンブルクは、古くから港湾都市として栄えてきました。
街中には歴史あるスポットもたくさんあります。

ドイツを観光するのならハンブルクは外せませんね。

ハンブルク(Wikipedia)

 

ハンブルクの場所

ハンブルクの場所や周辺国家との位置関係は下マップのとおり。

 

ハンブルクとその周辺国家

 

ハンブルクは北ドイツの中でもさらに北に位置します。

ロンドンやアムステルダムよりも北にありますね。
日本と比べると北海道よりも北にあります。

 

ハンブルクの基本情報を別記事にまとめました。
くわしくは下の記事をご覧いただければと思います。

 

ハンブルクの基本情報と観光情報
ハンブルクの基本情報|観光・旅行前の基礎知識ドイツ第二の都市・ハンブルク観光について①場所やアクセスなどの基本的な情報から②交通網などの観光のお助け情報や③気候や治安など体験談として得た細かい情報や小ネタなど紹介します。ハンブルク観光を計画中の方、必見です!...

 

ハンブルク観光で行きたいスポット

ハンブルク観光

 

ハンブルク観光で僕が訪れた観光スポットを紹介します。
まずはマップにまとめましたのでご覧ください。

 

ハンブルク観光マップ
公共交通機関:
①ハンブルク中央駅
主要なハンブルク観光スポット:
①ハンブルク市庁舎 ②Europa Passage ③内アルスター湖 ④聖ニコライ教会 ⑤倉庫街 ⑥ミニチュアワンダーランド ⑦エルプフィルハーモニー・ハンブルク ⑧聖ミヒャエル教会 ⑨ビートルズ広場

 

交通機関については後ほど解説しますね。

 

ハンブルク観光の半日スケジュール

僕が訪れたハンブルク観光では、上記マップのスポットを半日で周りました。

ハンブルクは大きな都市ですが、有名な観光スポットは中心部にぎゅっと集中しています。
半日でも十分に観光できますよ。

 

キザルの特徴

僕は教会や美術館の中に入ってじっくり鑑賞するよりも、街ブラ感覚の旅が好きです。なのでこれだけのスポットを観光できたとも言えますね。

 

ハンブルク観光を周ったスケジュールを別記事にまとめました。
くわしくは下の記事をご覧いただければと思います。

 

ハンブルク観光
ハンブルク半日観光|スケジュールとモデルコースドイツ・ハンブルクを半日で観光しました。この記事では僕の体験談をもとに、①半日で観光したハンブルクのスポットとスケジュールの紹介②半日で観光するために知っておきたいハンブルクの交通情報、などを紹介します。その他、観光準備のお得情報も紹介しますので、ハンブルク半日観光・旅行を計画中の方は必見ですよ笑...

 

ハンブルク観光スポットをくわしく

訪れた観光スポットのうち、いくつか詳しく紹介します。

詳細はそれぞれ別記事にまとめました。
詳しくはそちらをご覧いただければと思います。

 

倉庫街
ハンブルク半日観光で行った倉庫街

 

ハンブルクの倉庫街は世界遺産にも登録されている観光スポットですね。

ハンブルクの鉄道ターミナル駅であるハンブルク中央駅からも歩いていける距離にあります。
アクセスも楽なので是非とも訪れてみてください♪

世界遺産というわりには敷居も高くなく、気軽に散策できますよ。

東西に伸びる広いエリアで、端から端まで歩くのに30〜40分くらいです。
ほどよい散策コースですね。

倉庫群とその間を流れる運河、の眺めが抜群ですよ!

 

ハンブルク倉庫街
倉庫街の場所・行き方・散策記録|ハンブルク観光ドイツ・ハンブルクの世界遺産である倉庫街に行きました!ハンブルク中央駅からのアクセスも良く、容易にアプローチでき、気軽に散策できる世界遺産でした。ここでは倉庫街の場所や行き方、観光記録を詳しく紹介します。倉庫街を観光する方、必見ですよ♪...

 

聖ニコライ教会
ドイツ・ハンブルクの聖ニコライ教会観光記録

 

ハンブルク市街の中心に「聖ニコライ教会」があります。
「聖ニコライ教会」とは言うものの、ここは現在は教会として運営されていません。

第二次世界大戦で深刻な被害を受けてしまったんですね。
ここは、今では記念碑という役割でハンブルクの街に現存しています。

そしてこの教会には展望台があります。

 

展望台まではエレベーターで行けますよ。

 

展望台からはハンブルクの街並みをグルっと一望できます。

実は、僕はハンブルクに行く前は聖ミヒャエル教会の展望台に行くつもりでした。
ですが、まさかの営業していない!というハプニングで、こちらの展望台にやってきました。

聖ニコライ教会の方が街中にあるので、こっちの展望台がハンブルクの街並みをより間近で見れて満足と考えるようにしています笑

 

ドイツ・ハンブルクの聖ニコライ教会観光記録
聖ニコライ教会|ハンブルク一望展望台の場所や行き方、観光記録2019年春、ドイツ・ハンブルク観光の中で聖ニコライ教会に行きました。市内中心部にあるこの教会の展望台からは、ハンブルク市庁舎や世界遺産の倉庫街などの有名観光スポットを間近に見ることができます。この記事では聖ニコライ教会について、場所・行き方などの解説、そして観光記録を紹介します。...

 

内アルスター湖
ドイツ・ハンブルクの内アルスター湖散策記録

 

内アルスター湖はハンブルク中央駅やハンブルク市庁舎など、ハンブルクの中心街に隣接するところにあります。

ですが、湖の南側こそ中心街に面して賑わっていますが、北側は落ち着いたのどかなエリアです。
緑豊かで水鳥もたくさんいて、なかなかの癒しスポットでした。

写真のように、湖越しに観るハンブルクの街並みもまた風情がありますね♪
歩いてぐるっと一周するのにおよそ30分くらいです。

 

街中の賑わいから、湖畔の癒しまで、ハンブルクの色々な一面を味わってみてはいかがでしょうか笑

 

ドイツ・ハンブルクの内アルスター湖散策記録
内アルスター湖の場所や行き方、散策記録|ハンブルク観光この記事では①内アルスター湖の場所や行き方など概要②内アルスター湖の観光・散策レポート、といったハンブルクにある「内アルスター湖」に関するあれこれを紹介・解説します。ドイツ・ハンブルク観光を計画中の方は必見ですね♪...

 

ビートルズ広場
ハンブルク・レーパーバーンにあるビートルズ広場の記念碑・オブジェ・モニュメント

 

ハンブルクの中心街から西に行ったところにレーバーバーンという地区があります。
この街ではかつて、創世記のビートルズが巡業で活動していました。

それを記念して、ここには「ビートルズ広場」と呼ばれるスポットがあります。
広場といっても、写真のような簡単なモニュメントがあるくらいです笑

ぶっちゃけ、行ってはみたものの、ちょっと期待はずれです。
しかもレーパーバーンは「歓楽街」としても有名、治安が良くないと言われます。

行くのであれば、くれぐれもお気をつけくださいね。

 

ハンブルク・レーパーバーンにあるビートルズ広場:記念碑・オブジェ・モニュメント
レーパーバーン・ビートルズ広場の場所と行き方|ハンブルク観光2019年春、ドイツ第二の都市・ハンブルクを観光しました。ハンブルク観光では、ビートルズゆかりの地であるレーパーバーンのビートルズ広場に行ってきました。この記事ではハンブルク・レーパーバーンのビートルズ広場について概要の紹介、場所や行き方を解説します。...

 

ハンブルク観光の交通情報

ハンブルク観光
ハンブルク観光に有効な交通機関や交通情報を紹介します。

ハンブルクの公共交通機関

ハンブルク観光に有効な交通機関として

  • ドイツ鉄道(DB)
  • S-Bahn(地上列車)
  • U-Bahn(地下鉄)
  • バス

があります。

 

ハンブルク観光の窓口となる鉄道ターミナル駅は「ハンブルク中央駅」です。
周辺都市からハンブルクに来るときは、ドイツ鉄道でこの駅に到着するはずです。

 

ハンブルク中央駅

 

ハンブルク中央駅には、S-Bahn、U-Bahnが乗り入れており、路線バスの停留所もあります。
これらに乗り換えて、市内各所を観光するって感じですね。

 

ちなみに、「地上列車」のS-Bahnは、市内の中心部では地下を走っています。さらに「地下鉄」のU-Bahnも場所によっては地上に出てきます。紛らわしいので、「S-BahnとU-Bahnの2種類の電車がある」くらいの感覚でいた方が良いですよ笑

 

ハンブルクのバスはドイツカラー
ハンブルク半日観光で乗ったバス

 

Tageskarte

以上で紹介したハンブルク観光に有効な交通網には、共通のフリーパスがあります。
「Tageskarte」というチケットで、S-Bahn・U-Bahn・バスがすべて乗り放題になりますよ。

Tageskarteは有効期限と有効エリアの組み合わせでたくさんの種類があります。
観光プランに合わせて選べるのが嬉しいですね。

 

Tageskarte料金表(ユーロ)|2019年3月時点
1–2 fare rings
(rings AB)
  • 9am:6.5
  • All:7.8
3 fare rings
  • 9am:10.5
  • All:12
4 fare rings
  • 9am:13
  • All:15.6
Hamburg AB
  • 9am:6.5
  • All:7.8
fare rings ABCDE
  • 9am:16.9
  • All:19.6

※9am:9 am Day Ticket
※All:All Day Ticket

 

上表の「ring」については下マップのとおりです。

ハンブルクHVVのringsの範囲を示した図:S-Bahn、H-Bahn、A-Bahn、バスで有効、Tageskarteでも使える

出典:HVV

 

たぶん、この表と地図だけじゃ良く分からないとハズです笑

Tageskarteの詳しい紹介と買い方や使い方を別記事でまとめました。
くわしくは下の記事をご覧いただければと思います。

 

ハンブルク-Tageskarte
Tageskarteの買い方・使い方|ハンブルク観光フリーパス2019年の春、観光でドイツ・ハンブルクを訪れました。ハンブルク観光にはTageskarteという公共交通機関のフリーパスが便利でした。この記事ではTageskarteが利用できる交通機関や有効区間と有効期限の紹介、そして購入方法や使用方法を解説します!...

 

ハンブルク観光への行き方

ハンブルク観光
ハンブルクへのアクセス方法を紹介します。
日本からハンブルクへ行く方法、周辺都市からハンブルクに行く方法、それぞれを解説します。

日本からの行き方

ハンブルク市の中心から北北西約9kmの場所にハンブルク空港があります。

 

空港からハンブルク中央駅までは最速約25分で行けます

(このマップでは現在時刻での最速ルートが示されます。)

 

しかし、残念ながらこの空港への日本からの直行便はありません。
日本から直接ハンブルクへ行く場合はどこかの空港でのトランジットが必要ですね。

 

ハンブルク観光の航空券
ちなみハンブルクまでの航空券はSurprice (サプライス)H.I.S.が、格安かつ安全でオススメですよ。くわしくは次章「ハンブルク観光の準備」で解説しています。

 

 

周辺都市からの行き方

上述のとおり、ハンブルクの鉄道ターミナル駅は「ハンブルク中央駅」です。

 

ハンブルク中央駅

 

周辺都市からハンブルクに鉄道でアクセスするには、ドイツ鉄道でこの駅を目指します。

鉄道チケットはドイツ鉄道のウェブサイトで事前に購入することもできますよ。
1〜2ヶ月前の購入で、かなり格安で手に入ります。

ドイツ鉄道|公式サイト

 

なお、ドイツに面する国はすべてシェンゲン協定の加盟国です。国をまたぐ移動でもパスポートのチェックはありませんよ。

 

ちなみに、僕はこの旅行ではデンマーク・コペンハーゲンから鉄道でハンブルクに来ました。

コペンハーゲンからの鉄道は「渡り鳥ライン」という鉄道ごとフェリーに乗る路線です。
乗車・乗船体験からいうと、わりとオススメですよ。

 

渡り鳥ラインの概要
  • デンマークとドイツをつなぐ鉄道ルート
  • 陸路と海路の混合ルートで、途中でフェリーに乗り換える
  • フェリーには列車ごと乗り込む
  • 停車駅と道のりは下マップのとおり

 

ざっくり渡り鳥ラインのルート
  • 電車マーク:停車駅
  • 青ライン:陸路
  • 赤ライン:海路

 

以上のように、なかなか奇抜な鉄道路線です。

 

時間と資金にゆとりがあるのなら体験する価値ありです♪

 

渡り鳥ラインの概要および乗車・乗船レポートの記事を用意しました。
くわしくは下の記事をご覧いただければと思います。

 

渡り鳥ライン
渡り鳥ライン|コペンハーゲン〜ハンブルクの鉄道&船ルート2019年3月、デンマーク・コペンハーゲンからドイツ・ハンブルクの移動に、鉄道ごと船に乗る「渡り鳥ライン」を利用しました。この記事では【渡り鳥ラインの道のりや乗車時間など概要】【渡り鳥ラインのチケットを格安で購入する方法】などを紹介します。渡り鳥ラインにに乗る予定の方、必見ですね♪...
渡り鳥ライン
渡り鳥ラインに乗ってみた【乗車・乗船の体験記】2019年3月、デンマーク・コペンハーゲンからドイツ・ハンブルクの移動に、鉄道ごと船に乗る「渡り鳥ライン」を利用しました。この記事では【渡り鳥ラインに乗車・乗船した体験記】【渡り鳥ラインの鉄道やフェリー、駅の情報あれこれ】などを紹介します。渡り鳥ラインにに乗る予定の方、必見ですね♪...

 

ハンブルク観光の準備

ハンブルク観光
ハンブルク観光の準備、海外旅行の準備でのお得情報や安心・安全情報を紹介します。

ハンブルクまでの航空券

ハンブルクまでの航空券の購入は格安チケットを検索できる、スカイスキャナートラベルコが便利です。
ですが検索結果のまま一番安い代理店で航空券を買うはけっこうリスクがあります。

 

というのは、

  • 格安代理店は購入時にトラブルが発生しているケースが多くある
  • いざトラブルになったとき、カスタマーはほぼ日本語非対応で不親切

といった事例があるからです。

 

高い買い物になるからこそ、トラブル回避で安心安全のサポート付きの代理店で購入したいですよね。

 

僕はざっくり以下の手順で航空券を買っています。

  • 1. スカイスキャナートラベルコで格安チケットを検索
  • 2. 検索結果を安い順に見る
  • 3. あまりにも安すぎるもの、日本語に非対応の代理店は回避
  • 4. 日本語対応のできる旅行代理店で最安値のプランを選ぶ

 

ちょっと手数が多くなりますね。
でも安心・安全のために頑張ってますよ笑

 

この結果、一番の最安値となる旅行代理店はだいたいSurprice (サプライス)H.I.S.です。サプライスの運営会社はH.I.S.ですよ。H.I.S.が「旅行」全般を扱うのに対して、サプライスは「格安航空券」に特化しています。安心安全な上、割引クーポンも頻繁に配布されていて、とにかく格安で航空券が手に入ります。かなりオススメですね。

Surprice (サプライス)で航空券を検索
H.I.S.で航空券を検索

 

ハンブルクのホテル予約

ハンブルクで宿泊するのなら中央駅の東側がオススメです。

 

この辺りにはホテルが多くあります。
中央駅までアクセスも良いのに、けっこうリーズナブルなホテルもありますよ。

 

市内や周辺都市への移動に都合よく、コスパ最強!

 

観光効率を考えると、ここらのホテル予約でハズレなしですね。

 

ホテル予約にはExpediaagodaがオススメです。
どちらもサイト構成が分かりやすくて希望する条件のホテルが探しやすいです。何かとキャンペーンもやっているので、けっこう格安の予約もできます。
※Expediaの気になる評判はExpedia(エクスペディア)の評判でまとめています。

また、ホテルの雰囲気を探るにはBooking.comが抜群です。
外観や客室の写真が多く載ってるので、視覚的にホテルのイメージがつかみやすいです。

これらをあわせて利用することで、わりと失敗のないホテル選びが実現できますよ。

 

 

海外旅行にオススメのクレジットカード

まずは旅行保険の基礎知識。
旅行保険には、

  • 持っているだけで海外旅行保険が付帯するクレジットカードがある
  • 旅行保険は加入した分だけ適用額を合算できる

という耳寄りな情報があります。
【参考】一般社団法人 日本損害保険協会

 

つまり、旅行保険付きのクレカをたくさん持っていたら、わりと手厚い保険が適用されますってこと。

ぶっちゃけ、旅行時に加入する保険会社の保険は不要になりますよ。
なおかつ年会費無料であれば、完全0円で海外旅行保険が適用されますね。

そんな都合良いクレカは中々ありませんが、探しに探しました。

 

「海外旅行保険付帯」「年会費無料」のクレジットカード

REX CARD
エポスカード
Booking.comカード
Ponta Premium Plus

 

僕は海外旅行には上記クレカを持参しています。
ただただ持ち歩いているだけで効果があります。なので支払いやキャッシングでは使っていません笑

 

年会費無料なので持っているリスクも特にありません。発行しない手はないですね。
この機会にサクッと申請しちゃいましょう♪

 

参考までに「ヨーロッパ」「2週間」「ひとり旅」って条件で旅行保険をざっくり検索したところ、価格は5千円〜1万円くらいでした。
海外旅行保険を見積もりする

これがタダになるのは嬉しいですね。

 

さらに詳しい情報は海外旅行にオススメのクレジットカードで紹介しています。

 

ハンブルク観光のガイドブック

ハンブルク観光およびドイツ観光のガイドブックは「地球の歩き方」がオススメです。
紹介されている情報量が他誌とくらべて圧倒的に多く、この1冊さえあれば十分に旅を満喫できますよ。

その他のガイドブックも含めて海外旅行にオススメのガイドブックで紹介しています。

 

地球の歩き方(ドイツ旅行全般)
地球の歩き方(北ドイツやハンブルクに特化)

以上です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください