ドイツ

ハンブルクの基本情報|観光・旅行前の基礎知識

ハンブルクの基本情報と観光情報
ハンブルク観光したいブタ
ハンブルク観光したいブタ
ドイツ・ハンブルクを観光したいけど、どんな街?
ドイツのどこにあってどうやっていくの?街の規模は?
という基本的な情報や、市内の交通情報、実際の観光体験とか教えて!
といった疑問にお答えします。

 

この記事の内容
  • 観光前に知っておきたいハンブルクの基本情報
  • 知ってて役立つハンブルク観光情報
  • 観光体験から得たハンブルク情報あれこれ

など、ハンブルクの観光前に知っておきたい基礎知識やお得情報を紹介・解説します。

 

ざっくり自己紹介

この記事を書いている僕は、2019年の3月にヨーロッパひとり旅でドイツのハンブルクを訪れました。滞在期間は半日ですがハンブルクの街を体感し、観光知識はわりと高めです笑
この記事は観光当時の体験談をもとに書いています。

 

ハンブルクの基礎情報

ハンブルク観光
まずはハンブルクの基本情報から紹介します。
ハンブルクの概要

ハンブルクは人口と面積がベルリンに次ぐ、ドイツ第二の都市です。
概要をサクッと下表のとおり。

 

ハンブルクの概要
面積 755.26平方キロメートル
人口 約175万人
言語 ドイツ語
通貨 ユーロ

 

海に近いハンブルクは、古くから港湾都市として栄えてきました。
街中には歴史あるスポットもたくさんあります。

ドイツを観光するのならハンブルクは外せませんね。

ハンブルク(Wikipedia)

 

ハンブルクの場所

ハンブルクの場所や周辺国家との位置関係は下マップのとおり。

 

ハンブルクとその周辺国家

 

ハンブルクは北ドイツの中でもさらに北に位置します。

ロンドンやアムステルダムよりも北にありますね。
日本と比べると北海道よりも北にあります。

 

体験談

僕が観光したのは3月ですが「北海道よりも北」というイメージの寒さではありませんでした。日本の冬を想定した服装でOKですね。

 

ハンブルクへのアクセス
鉄道でのアクセス

鉄道ターミナル駅となるハンブルク中央駅が街の中心にあります。

 

ハンブルク中央駅

 

周辺都市からハンブルクに鉄道でアクセスするとこの駅に到着します。
僕はこの旅では、デンマーク・コペンハーゲンから鉄道でハンブルクにアクセスしました。

コペンハーゲンからの鉄道は「渡り鳥ライン」という鉄道ごとフェリーに乗る路線です。
乗車・乗船体験からいうと、わりとオススメですよ。

 

渡り鳥ライン
渡り鳥ライン|コペンハーゲン〜ハンブルクの鉄道&船ルート2019年3月、デンマーク・コペンハーゲンからドイツ・ハンブルクの移動に、鉄道ごと船に乗る「渡り鳥ライン」を利用しました。この記事では【渡り鳥ラインの道のりや乗車時間など概要】【渡り鳥ラインのチケットを格安で購入する方法】などを紹介します。渡り鳥ラインにに乗る予定の方、必見ですね♪...
渡り鳥ライン
渡り鳥ラインに乗ってみた【乗車・乗船の体験記】2019年3月、デンマーク・コペンハーゲンからドイツ・ハンブルクの移動に、鉄道ごと船に乗る「渡り鳥ライン」を利用しました。この記事では【渡り鳥ラインに乗車・乗船した体験記】【渡り鳥ラインの鉄道やフェリー、駅の情報あれこれ】などを紹介します。渡り鳥ラインにに乗る予定の方、必見ですね♪...

 

なお、ドイツに面する国はすべてシェンゲン協定の加盟国です。国をまたぐ移動でもパスポートチェックは不要です。国内感覚で移動できますよ。

 

飛行機でのアクセス

ハンブルク市の中心から北北西約9kmの場所にハンブルク空港があります。

 

空港からハンブルク中央駅までは電車約25分

 

しかし、残念ながらこの空港への日本からの直行便はありません。
日本から直接ハンブルクへ行く場合はどこかの空港でのトランジットが必要ですね。

 

お得な航空券
ちなみ航空券はSurprice (サプライス)H.I.S.が、格安かつ安全でオススメですよ。くわしくはこの記事の最後で解説しています。

Surprice (サプライス)で航空券を検索
H.I.S.で航空券を検索

ハンブルクの観光情報

ハンブルク観光
観光に関する情報を紹介します。
ハンブルク中央駅

先述のアクセス情報のように、空路でも陸路でもハンブルクへの窓口はハンブルク中央駅です。

ここにはコインロッカーATM両替観光案内所など観光に必要な施設はだいたい揃っていました。

 

コインロッカーはプラットホームから構内北側(マクドナルド側)を上がって左の突き当たりにありました。ハンブルクではほぼほぼ現金は使わず、キャッシュレスで観光できましたが、コインロッカーはユーロ硬貨のみしか使えませんでした。

 

構内そこら中にあるATM

このタイプをドイツ中のあちこちで見かけます。

ハンブルク半日観光で見たATM

 

中央駅構内の観光案内所

 

 

ハンブルクの交通網

ハンブルク市街の公共交通機関には以下のものがあります。

 

ハンブルク市街の公共交通機関
  • S-Bahn(都市近郊鉄道)
  • U-Bahn(地下鉄)
  • 路線バス

 

市内の至るところが網羅されています。
利用しない手はないですね。

 

ちなみに、S-Bahnはいわば「普通列車」ですが、市内の中心部では地下を走っています。またU-Bahnも場所によっては地上に出てきます。紛らわしいので、意識してS-BahnとU-Bahnを区別しないほうがいいですよ。

 

ただ体験談としては、倉庫街の西端くらいまでなら歩けるくらいのスケール感です。
中心部のみを観光するのなら、徒歩での散策もアリですね。

 

ハンブルクのバスはドイツカラー
ハンブルク半日観光で乗ったバス

 

ハンブルク観光のフリーパス

ハンブルクには、S-BahnU-Bahnバス共通のTageskarte」というフリーパスがあります。

 

Tageskarte
ハンブルク半日観光で買ったTageskarte

 

Tageskarteは乗り放題となる有効エリアと時間による組み合わせが可能です。
だいたいの有名観光スポットは最小区間内にありますよ。

 

Tageskarteは駅の券売機で買えます。
詳しくは下の記事にまとめました。

 

ハンブルク-Tageskarte
Tageskarteの買い方・使い方|ハンブルク観光フリーパス2019年の春、観光でドイツ・ハンブルクを訪れました。ハンブルク観光にはTageskarteという公共交通機関のフリーパスが便利でした。この記事ではTageskarteが利用できる交通機関や有効区間と有効期限の紹介、そして購入方法や使用方法を解説します!...

 

ハンブルクの体験情報

ハンブルク観光
旅の中で体験・実感したことや、細かな気づいたことなどを紹介します。
ハンブルクの気候

港街のためか、ハンブルクはかなり風が強かったです。
立っていられないほどの突風にも何度か見舞われました。

その影響か、聖ミヒャエル教会の展望台は営業時間にも関わらず閉鎖していました。
※ドイツ語がわからないので真相は不明です笑

天気は変わりやすく、晴れたり急に雨が降ったり、大粒の雹が降ったりもしました。

 

ハンブルクの治安情報

多くの観光客が訪れる市庁舎前広場には怪しい連中がいましたね。

 

やたら話しかけてきます。
何言ってるかさっぱりわからんけどw

 

こちらが日本語しか喋れないと分かっても、とにかく何かしら話しかけられました。
会話に気を引いてる間に仲間がスリでもするのかな?と思いすぐに立ち去ったので被害はありませんでいたが。。

この辺りは要注意ですね。

【参考】最新の海外の治安情報

 

紛らわしい駅の名前

ハンブルク中央駅はS-BahnやU-BahnではHauptbahnhofと表記されます。

そして「Hamburg(ハンブルク)」と一見スペルの似てる「Harburg」という駅もあります
間違えないように注意してください。僕はわりと騙されました笑

 

あやうく全然違う場所にいくとこだったぜ。

 

ハンブルク半日観光で乗った地下鉄の路線図

 

中央駅は足元注意

中央駅のような多くの人が訪れる場所は、歩行者の通路が決められています。
最初はこの矢印に気づかず歩いてて、すれ違う人にやたら不機嫌そうな顔をされました。

 

そりゃそうだわ

 

ハンブルク半日観光で行ったハンブルク中央駅の歩道

 

街中では信号に注意

歩行者の信号機は、からに変わるとき点滅しません。

 

いきなり!です。
注意してください!!

 

というかそもそも、いきなり変わるので注意のしようがありませんね。
青だからと油断せず、周りの雰囲気を見て横断しましょう笑

 

ハンブルクのお土産

ハンブルク名産品ではないですが、海外旅行のお土産には日本漫画の現地翻訳版が意外とウケたりします。

中央駅構内の書店「Press」Europa Passageの「Thalia」にたくさんドイツ語版の日本漫画がありました。

 

ドイツ語版ワンピース
ハンブルク半日観光で行ったハンブルク中央駅の書店で買ったONE PIECE

 

ハンブルクの基本情報|まとめ・関連情報

以上、ハンブルクの基本情報、観光情報の紹介でした。

 

この情報がお役に立てれば幸いです。
素敵なハンブルク観光を楽しんでください♪

 

ハンブルクの観光準備

ここまで読んでいただきありがとうございます。
さいごにハンブルク観光に関する情報をまとめます。

 

ハンブルクまでの航空券

航空券の購入は格安チケットを検索できる、スカイスキャナートラベルコが便利です。
ですが検索結果のまま一番安い代理店で航空券を買うはけっこうリスクがあります。

 

というのは、

  • 格安代理店は購入時にトラブルが発生しているケースが多くある
  • いざトラブルになったとき、カスタマーはほぼ日本語非対応で不親切

といった事例があるからです。

 

高い買い物になるからこそ、トラブル回避で安心安全のサポート付きの代理店で購入したいですよね。

 

僕はざっくり以下の手順で航空券を買っています。

  • 1. スカイスキャナートラベルコで格安チケットを検索
  • 2. 検索結果を安い順に見る
  • 3. あまりにも安すぎるもの、日本語に非対応の代理店は回避
  • 4. 日本語対応のできる旅行代理店で最安値のプランを選ぶ

 

ちょっと手数が多くなりますね。
でも安心・安全のために頑張ってますよ笑

 

この結果、一番の最安値となる旅行代理店はだいたいSurprice (サプライス)H.I.S.です。サプライスの運営会社はH.I.S.ですよ。H.I.S.が「旅行」全般を扱うのに対して、サプライスは「格安航空券」に特化しています。安心安全な上、割引クーポンも頻繁に配布されていて、とにかく格安で航空券が手に入ります。かなりオススメですね。

Surprice (サプライス)で航空券を検索
H.I.S.で航空券を検索

 

ハンブルクのホテル予約

ハンブルクで宿泊するのなら中央駅の東側がオススメです。

 

この辺りにはホテルが多くあります。
中央駅までアクセスも良いのに、けっこうリーズナブルなホテルもありますよ。

 

市内や周辺都市への移動に都合よく、コスパ最強!

 

観光効率を考えると、ここらのホテル予約でハズレなしですね。

 

ホテル予約にはExpediaagodaがオススメです。
どちらもサイト構成が分かりやすくて希望する条件のホテルが探しやすいです。何かとキャンペーンもやっているので、けっこう格安の予約もできます。
※Expediaの気になる評判はExpedia(エクスペディア)の評判でまとめています。

また、ホテルの雰囲気を探るにはBooking.comが抜群です。
外観や客室の写真が多く載ってるので、視覚的にホテルのイメージがつかみやすいです。

これらをあわせて利用することで、わりと失敗のないホテル選びが実現できますよ。

 

 

海外旅行にオススメのクレジットカード

まずは旅行保険の基礎知識。
旅行保険には、

  • 持っているだけで海外旅行保険が付帯するクレジットカードがある
  • 旅行保険は加入した分だけ適用額を合算できる

という耳寄りな情報があります。
【参考】一般社団法人 日本損害保険協会

 

つまり、旅行保険付きのクレカをたくさん持っていたら、わりと手厚い保険が適用されますってこと。

ぶっちゃけ、旅行時に加入する保険会社の保険は不要になりますよ。
なおかつ年会費無料であれば、完全0円で海外旅行保険が適用されますね。

そんな都合良いクレカは中々ありませんが、探しに探しました。

 

「海外旅行保険付帯」「年会費無料」のクレジットカード

REX CARD
エポスカード
Booking.comカード
Ponta Premium Plus

 

僕は海外旅行には上記クレカを持参しています。
ただただ持ち歩いているだけで効果があります。なので支払いやキャッシングでは使っていません笑

 

年会費無料なので持っているリスクも特にありません。発行しない手はないですね。
この機会にサクッと申請しちゃいましょう♪

 

参考までに「ヨーロッパ」「2週間」「ひとり旅」って条件で旅行保険をざっくり検索したところ、価格は5千円〜1万円くらいでした。
海外旅行保険を見積もりする

これがタダになるのは嬉しいですね。

 

さらに詳しい情報は海外旅行にオススメのクレジットカードで紹介しています。

 

ハンブルク観光のガイドブック

ハンブルク観光およびドイツ観光のガイドブックは「地球の歩き方」がオススメです。
紹介されている情報量が他誌とくらべて圧倒的に多く、この1冊さえあれば十分に旅を満喫できますよ。

その他のガイドブックも含めて海外旅行にオススメのガイドブックで紹介しています。

 

地球の歩き方(ドイツ旅行全般)
地球の歩き方(北ドイツやハンブルクに特化)

以上です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください