ボリビア

ウユニ塩湖をHodakaのフルデイツアーで観光!

ウユニ塩湖Hodakaフルデイツアー
ウユニ塩湖を観光するよ!
ウユニではHodakaのツアーを使うつもりだけど、1日中ウユニ塩湖を観光する「フルデイツアー」ってどんな感じ?
スケジュールとか行く場所とかを教えて!
といった疑問にお答えします。

 

この記事の内容
  • ウユニ村の旅行代理店「Hodaka」について
  • Hodakaのフルデイツアーについて

など、Hodakaの「ウユニ塩湖フルデイツアー」について紹介・解説します。

 

ざっくり自己紹介
この記事を書いている僕は、2017年の2月に南米ひとり旅でウユニ塩湖を訪れました。約1週間のあいだウユニ村を拠点に、Hodakaのツアーでウユニ塩湖に何度も行きました。フルデイツアーにも参加しましたよ。ウユニ塩湖は完全に制覇ですね笑
この記事は当時の体験談をもとに書いています。

 

ウユニ塩湖ツアーにオススメ代理店、Hodakaとは

ウユニ塩湖

 

「Hodaka」はウユニ塩湖の最寄り街「ウユニ村」にある旅行代理店です。
※正式名称は「Hodaka Mountain Expedition」です。この記事では「Hodaka」と呼びますね。

 

Hodaka

 

ウユニ村には、ウユニ塩湖ツアーを扱っている旅行代理店がたくさんあります。
その中でも日本からの観光客に人気が高いのが「Hodaka」です。

事実、僕がHodakaを訪れたとき、店内は日本人の観光客で溢れていました。
利用客は9割くらい日本人でしたよ。

 

日本からウユニに来るまで、日本人なんて全然見なかったのにね笑

 

Hodakaの外観はこんな感じ。青色の外壁がHodakaです。

Hodaka

 

ちなみに、ツアー代理店の店員さんは100%生粋のボリビアの方で、日本語は通じません。

ですが、なんせ周りは日本人だらけです。
到着したての僕が、先輩方からウユニ情報をゲットできたのは助かりました。

 

知らない土地での情報収集はけっこう大切ですからね。

 

また、ウユニ塩湖のツアーには最大7人1グループで行くことになります。
このときメンバー全員が日本人になった時のリラックス感はたまんないですよ笑

同じ日本人どおし、心に余裕を持ってツアーに参加できるので、ウユニ塩湖の観光をより楽しめます♪(体験談)

 

というわけで、ウユニ塩湖ツアーに行く旅行代理店はHodakaがオススメです。

 

ウユニ塩湖Hodaka
【Hodaka】ウユニ塩湖で日本人が利用したい旅行代理店ウユニ塩湖で現地の観光代理店を利用するなら「Hodaka」がおすすめです。この記事では、①Hodakaがオススメな理由、②Hodakaのツアー概要や申し込みの流れ、料金等、③Hodakaの各ツアーのプラン詳細、など、ウユニ塩湖の観光代理店「Hodaka」に関するあれこれを詳しく紹介しています。...

 

Hodakaのフルデイツアーについて

Hodakaが扱う「ウユニ塩湖ツアー」はいくつかあります。ここでは、ウユニ塩湖の他にもあれこれ観光する「FULLDAY + SUNSET(この記事ではフルデイツアーと呼びます)」を紹介します。

フルデイツアーの概要

ツアーの概要は下表のとおりです。

 

Hodakaのフルデイツアー
スケジュール
【10:30 ~ 20:30】
  • 10:30 ウユニ村を出発
  • 11:00 「列車の墓」を観光
  • 12:00 ウユニ塩湖に到着
  • 13:00 「塩のホテル」で昼食
  • 14:00 日中のウユニ塩湖を観光
  • 18:00 夕焼け・日没のウユニ塩湖を観光
  • 19:30 ウユニ塩湖を出発
  • 20:30 ウユニ村到着
最低料金 200ボリビアーノ(およそ3,000円ちょい)
特徴
  • Hodakaで最も長時間のツアー
  • 日中と夕暮れ・日没のウユニ塩湖を体験
  • 「列車の墓」「塩のホテル」にも行く
こんな人におすすめ ウユニ塩湖の他にも、いろいろな体験をしたい!
こんな人には不向き とにかくウユニ塩湖に行きたい!他は興味なし!

 

以下、おもなイベントを順番に見ていきます。

 

フルデイツアーの観光レポート

11:00 「列車の墓」を観光

Hodakaを出発してまず訪れるのが「列車の墓」です。

 

上記マップのとおり、周辺には何もありません。
ここには、かつてウユニを走っていた鉄道車両が、使い捨てれられ放置されています。

ウユニツアーの「列車の墓」

 

「列車の墓」は哀愁漂う風景が人気、と「地球の歩き方」では紹介されています。
ですが、実際はご覧のように観光客だらけで哀愁のかけらもありません笑

 

もはやテーマパーク状態っす!

 

12:00 ウユニ塩湖に到着

ウユニ塩湖に到着すると、まずはここを見学します。

ウユニ塩湖源泉

 

何やらポコポコしています。
ここから水が湧き出ているのでしょうか。

 

はやく鏡張りの景色が見たいのに、なんなんだこれは!笑

 

と思いましたが、ここはまだウユニ塩湖に到着したばかりの「塩湖の淵」あたりです。
ここから絶景ポイントまではさらに時間がかかるのです。

 

13:00 「塩のホテル」で昼食

フルデイツアーは昼食付きです。

昼食はウユニ塩湖内にある、かつては「塩のホテル」として営業していた「プラヤ・ブランカ」で食べます。

プラヤ・ブランカ

 

「プラヤ・ブランカ」は、現在はホテルとしては営業していないので空き家状態です。

 

この中で持参した弁当をみんなで食べる感じです。

 

営業こそしていませんが「塩のホテル」の雰囲気はなんとなく味わえました笑

 

ここの周辺には各国国旗が掲げられていたり、ダカール・ラリー像があったりします。
食後はしばし自由時間となったので、ゆっくり観ることができました。

ウユニ塩湖ツアー
ウユニ塩湖ツアー

 

14:00 日中のウユニ塩湖を観光

いよいよ鏡張りのウユニ塩湖を目指します。

そしてこれ以降はウユニ村に帰るまでウユニ塩湖に滞在します。
といっても1ヶ所にずっといるのではなく、ちょこちょこ場所を移動します。

同じウユニ塩湖でも場所によって鏡張りの見え方も全然違ってきますよ。

ウユニ塩湖ツアー

 

ときには水面が乾燥して干上がりつつある所もあります。

ウユニ塩湖ツアー

 

乾季に来たらバリッバリに干上がってるんでしょうな。

 

18:00 夕焼け・日没のウユニ塩湖を観光

このツアーは夕焼け・日没もセットになっています。
この時間帯のウユニ塩湖も抜群の絶景です♪

ウユニ塩湖夕焼け
ウユニ塩湖夕焼け

 

そして日没とともにウユニ塩湖を出発。
ウユニ村に戻りツアー終了です。

 

Hodakaのウユニ塩湖フルデイツアー|まとめ

以上、ウユニ村の旅行代理店「Hodaka」のフルデイツアーについて紹介しました。

 

絶景のウユニ塩湖を楽しんできてください♪

 

ウユニ塩湖の観光準備

ここまで読んでいただきありがとうございます。
さいごに、ウユニ塩湖の観光準備に関する情報をまとめます。

ウユニ塩湖の観光に必要な持ち物

ウユニ塩湖はわりとぶっ飛んでる環境です。
その一例が下記のとおり。

 

ぶっ飛んでるウユニ塩湖の環境の一例
  • 標高が高くて空気が激薄
  • 昼と夜の寒暖差がえげつない
  • 日中の眩しさは目も開けられないレベル

などなど、日本じゃ体験できない事ばかりです。

 

そんなウユニ塩湖にはどんな持ち物や服装の準備が必要なのか、検討もつかねぇっす!

 

というわけで僕の観光体験談から、ウユニ塩湖に必須の持ち物や服装を紹介します。

 

あれこれあるので、別記事で紹介しています。
とりま、日焼け止めグッズは必須です!

 

ウユニ持ち物
ウユニ塩湖への持ち物|観光で体験した本当に必要だったものボリビア・ウユニ塩湖を観光した体験談をもとに、ウユニ塩湖の観光に本当に必要だった持ち物を紹介します。その他、必須ではないけどあった方が良い持ち物や、逆に、必要ない持ち物など、ウユニ塩湖観光・旅行に向けた持ち物関連のことをあれこれまとめて紹介しています。...

 

ウユニ塩湖までの航空券

航空券の購入は格安チケットを検索できる、スカイスキャナートラベルコが便利です。

ポイントとして日本からウユニの空港で航空券を検索すると、かなり割高なラインナップになります。面倒ですが、日本からラパスのエルアルト空港エルアルト空港からウユニ空港を別個で探して買ったほうが断然格安ですよ。

 

ここで、検索結果のまま一番安い代理店で航空券を買うはけっこうリスクがあります。

 

というのは、

  • 格安代理店は購入時にトラブルが発生しているケースが多くある
  • いざトラブルになったとき、カスタマーはほぼ日本語非対応で不親切

といった事例があるからです。

 

高い買い物になるからこそ、トラブル回避で安心安全のサポート付きの代理店で購入したいですよね。

 

僕はざっくり以下の手順で航空券を買っています。

  • 1. スカイスキャナートラベルコで格安チケットを検索
  • 2. 検索結果を安い順に見る
  • 3. あまりにも安すぎるもの、日本語に非対応の代理店は回避
  • 4. 日本語対応のできる旅行代理店で最安値のプランを選ぶ

 

ちょっと手数が多くなりますね。
でも安心・安全のために頑張ってますよ笑

 

この結果、一番の最安値となる旅行代理店はだいたいSurprice (サプライス)H.I.S.です。サプライスの運営会社はH.I.S.ですよ。H.I.S.が「旅行」全般を扱うのに対して、サプライスは「格安航空券」に特化しています。安心安全な上、割引クーポンも頻繁に配布されていて、とにかく格安で航空券が手に入ります。かなりオススメですね。

 

 

ウユニ塩湖の行き方
ウユニ塩湖の行き方|わりと簡単な日本からのアクセスボリビアの観光名所・ウユニ塩湖、地球の裏側ですが、日本からの行き方としては、かなり接近した場所まで飛行機のみでアクセスできます。この記事では、日本からウユニ塩湖までの行き方を、体験談を交えたポイント解説を含めて詳しく紹介しています。個人旅行でウユニ塩湖への行き方が分からない、という方はぜひご覧ください!...

 

ホテル予約はウユニ村が合理的

ウユニ塩湖から車でおよそ1時間のところにウユニ村があります。

 

ウユニ村は、町の産業として「ウユニ塩湖の観光業」に全力をそそいでいます。
観光客に必要な施設はすべて揃っていますよ。

 

ウユニ村にあるもの
  • 「ウユニ塩湖ツアー」を扱う旅行代理店
  • ホテル
  • レストラン
  • 水・日用品が買える売店

都心部からも離れた南米の小さな村がこれほど栄えているのは、ほぼほぼ奇跡ですね笑

 

またウユニ村は、日本からウユニ塩湖を目指すとき公共交通機関で到達できる最終地点でもあります。
飛行機だろうがバスだろうが、たどり着くのはウユニ村ですよ。

 

以上より、個人旅行でウユニ塩湖を観光するには

  • まずは公共交通機関でウユニ村まで行く
  • 基本はウユニ村を観光拠点として行動する
  • ウユニ塩湖に行きたいときは村の旅行代理店を利用する

という流れが定番となっています。

 

要するにウユニ村は、ウユニ塩湖の観光窓口としてけっこう重要な町なんです。
ここに滞在することでウユニ塩湖の観光効率がぐんと高まりますね。

 

宿泊するのもウユニ村のホテルで間違いなし♪

 

ウユニ塩湖のウユニ村
ウユニ村【ウユニ塩湖の観光拠点です!】場所や行き方ウユニ村はウユニ塩湖の観光には重要な街です。基本的にはウユニ滞在中はウユニ村を拠点にしているのが合理的です。この記事では①ウユニ村の概要②ウユニ村のホテルや飲食店事情③ウユニ村の散策記録などを紹介しています。...
ウユニ塩湖のホテル【予約にお勧めは「ウユニ村」です】ウユニ塩湖にはたくさんのホテルがあり、そのグレードもピンキリです。この記事では、ウユニ塩湖の観光効率を高めるにはどのホテルに泊まれば良いのか、オススメのホテルを紹介・解説します。また、ウユニで泊まりたい「塩のホテル」に効率よく宿泊する裏ワザなどについても触れています。...

 

ホテル予約にはExpediaagodaがオススメです。
どちらもサイト構成が分かりやすくて希望する条件のホテルが探しやすいです。何かとキャンペーンもやっているので、けっこう格安の予約もできます。
※Expediaの気になる評判はExpedia(エクスペディア)の評判でまとめています。

また、ホテルの雰囲気を探るにはBooking.comが抜群です。
外観や客室の写真が多く載ってるので、視覚的にホテルのイメージがつかみやすいです。

これらをあわせて利用することで、わりと失敗のないホテル選びが実現できますよ。

 

 

海外旅行にオススメのクレジットカード

まずは旅行保険の基礎知識。
旅行保険には、

  • 持っているだけで海外旅行保険が付帯するクレジットカードがある
  • 旅行保険は加入した分だけ適用額を合算できる

という耳寄りな情報があります。
【参考】一般社団法人 日本損害保険協会

 

つまり、旅行保険付きのクレカをたくさん持っていたら、わりと手厚い保険が適用されますってこと。

ぶっちゃけ、旅行時に加入する保険会社の保険は不要になりますよ。
なおかつ年会費無料であれば、完全0円で海外旅行保険が適用されますね。

そんな都合良いクレカは中々ありませんが、探しに探しました。

 

「海外旅行保険付帯」「年会費無料」のクレジットカード

REX CARD
エポスカード
Booking.comカード
Ponta Premium Plus

 

僕は海外旅行には上記クレカを持参しています。
ただただ持ち歩いているだけで効果があります。なので支払いやキャッシングでは使っていません笑

 

年会費無料なので持っているリスクも特にありません。発行しない手はないですね。
この機会にサクッと申請しちゃいましょう♪

 

参考までに「南米」「2週間」「ひとり旅」って条件で旅行保険をざっくり検索したところ、価格は5千円〜1万円くらいでした。
海外旅行保険を見積もりする

これがタダになるのは嬉しいですね。

 

さらに詳しい情報は海外旅行にオススメのクレジットカードで紹介しています。

 

ウユニ塩湖観光のガイドブック

ウユニ塩湖およびボリビア観光のガイドブックは「地球の歩き方」がオススメです。
紹介されている情報量が他誌とくらべて圧倒的に多く、この1冊さえあれば十分ですよ。

その他のガイドブックも含めて海外旅行にオススメのガイドブックで紹介しています。

 

地球の歩き方(ペルー・ボリビア・エクアドル・コロンビア)

以上です。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください