旅行

海外旅行のお勧めバックパック4選【機内持込みは鉄則です】

海外旅行のバックパックは機内持ち込み
  • 海外旅行に行くよ!
  • 初めてバックパックで旅するんだけど、どういうものがいいの?
  • バックパックの選考ポイントやお勧め商品を教えて!
こういう人をお助けするよ!
とりま、バックパックは機内持込みできるものが大原則ですね。
というわけで、

 

この記事では、
  • 海外旅行にお勧めのバックパック4選
  • 海外旅行用のバックパック選考ポイントを解説
  • お勧めバックパックの魅力を詳しく解説

など、「海外旅行にお勧めなバックパック」について、あれこれ紹介・解説していきます。

そのほか海外旅行の準備に関することは下の記事でまとめています。

海外旅行準備
【海外旅行の準備で必ず役立つ】お得なサービス・ノウハウまとめ海外旅行に初めて行く方も、旅慣れしている方も、「旅の準備が不安」「もっとお得なサービスないの?」と準備段階での悩みは尽きないかと思います。今回この記事では、「格安で海外旅行するための準備」や「知ってて役立つ旅行準備のノウハウ」などをお伝えします。...

海外旅行に持って行きたいバックパック|お勧め商品とその理由

まずは、お勧めのバックパックを紹介します。

 

海外旅行にお勧めのバックパック
  • Tellus 45(THE NORTH FACE)
  • Rhyolite Pack Aztec(macpac)
  • tribute 40(karrimor)
  • SAAS FEE 40+5(MILLET)

 

この4つを選んだ理由としては、

  • (1)機内持込みできるサイズ
  • (2)ポケット・収納が多くて機能的
  • (3)荷物が出し入れが簡単
  • (4)ヒップハーネス付き

という共通の特徴を持っているからです。

 

順番に見ていきます。

 

ちなみに、各バックパックの詳しい紹介は後ほどです。

ゴチャゴチャ言わんとさっさとバックパックを詳しく紹介してよ!
って方は、下記リンクよりページをジャンプしていただければと思います。

お勧めバックパックの詳しい紹介まで読み飛ばす

 

海外旅行のバックパックを機内持込みしたい理由

海外旅行のバックパックは機内持ち込みPhoto by Bambi Corro on Unsplash

海外旅行に持って行くバックパックは機内持ち込みサイズにすること。
これがヨーロッパや南米を旅してきた僕の結論ですね。

その理由は下記のとおり。

 

海外旅行用のバックパックを機内持込みサイズにする理由
  • ロストバゲージのリスク回避
  • 追加料金がかからない
  • 荷物回収の時間をカット

 

この理由について詳しく解説していきます。

 

なお、各航空会社が規定している「機内持ち込み手荷物」の上限サイズは、

高さ×幅×奥行き:55×40×25(cm)

だいたいこんなもんです。
※もちろん航空会社によって前後はありますよ。

 

たまにびっくりするくらい厳しい規定のある航空会社もあります。
ご自身で確認することはお忘れなく。

 

中国国際航空(エアチャイナ)の機内持ち込み手荷物の制限は厳しいのか重量・サイズオーバーのバックパックで挑戦レポート
中国国際航空(エアチャイナ)機内持ち込み手荷物の限界に挑戦!2019年3月、中国国際航空(エアチャイナ)に搭乗しました。この記事では【中国国際航空の「機内持ち込み手荷物」はどれくらい厳しいのか】【規定のサイズ・重量オーバーで中国国際航空の搭乗にチャレンジ】といったことを紹介・解説します。 という、中国国際航空の「機内持ち込み手荷物」に関するあれこれについて紹介・解説します。...

 

と言っても、バックパックはスーツケースのように形が決まっているものじゃありません。
少々サイズオーバーしていても、搭乗手続き直前でギュギュッとすれば、わりと何とかなります笑

 

機内持込みしたい理由①:ロストバゲージのリスク回避

預けた荷物が戻ってこないロストバゲージ。
海外旅行のトラブルの代表格ですね。

行きの飛行機で被害にあったら、計画していた観光プランも台無し、いきなりのゲームオーバーです。

 

ロストバゲージなんてたまたま被害にあった人が騒いでるだけで、そんなに遭遇するものでもないっしょ。
って思うじゃん?

 

ですが「SITA(航空に関する非営利団体)」のレポートによると、ざっくり毎年「全世界の飛行機利用客のうち0.5%」がロストバゲージの被害にあっているんです。

0.5%ということは、定員200人の国際線では確実に1人は被害にあう計算です。

 

ひぇっ!そう考えたらロストバゲージの確率ってけっこー高い。。

 

というわけで、荷物は機内に持ち込んでいる方が安心ですよね。

 

機内持込みしたい理由②:追加料金がかからない

これはLCC(格安航空会社)に当てはまることですね。

LCCって格安とは言うものの、少しでもグレードを上げて、快適な空の旅を満喫しようとするものなら別途オプション料金が発生します。

受託手荷物もその一例で、中には、

 

ファッ!?

 

というような高額なオプション料金が追加される場合がありますよ。

機内にさえ荷物を持ち込めたら別料金は発生しません。
LCCを格安に抑えたいのなら、バックパックは機内に持ち込めるサイズにしておくべきですね。

 

機内持込みしたい理由③:荷物回収の時間をカット

そもそも機内に持込んでいるので、受取場のベルトコンベア前で待っている時間が存在しません。

目的地についたらさっさと観光したい、せっかちな僕には最高の時短です。
あと「我先にと飛行機を降りて行った乗客」をここでゴボウ抜きできるのが、わりと快感だったりします。

 

と、いう感情的な話もあるんですが、旅のプランに影響する恐れがあるのはトランジットの時です。

普通なら「複数の飛行機を乗り継いで目的地の行く」とき、預けた荷物はいちいちピップアップせずとも目的地まで到着します。

ただし例外もあります。

 

トランジットで荷物をピックアップするとき
  • (1) トランジットで利用する航空会社が変わるとき
  • (2) アメリカでトランジットするとき

(1)の場合は航空会社へ要確認ですが、(2)は確実に荷物のピックアップが必要です。

 

いったんピックアップするということは、トランジットの空港で荷物をもういちど預けるということです。

 

これってかなり時間のかかる工程ですよね?
しかも日本を出国したときと違って、言葉も通じない。。

 

乗継ぎ時間の猶予がパツンパツンだったら、これはなかなかの死活問題になりますよ。
最悪「荷物を預けようとしている間に飛行機が飛んでった!」ってこともあり得ますよね。

 

疑問|機内持込みサイズのバックパックで海外旅行の荷物は入りきる? → 余裕で入る

上記の理由より、海外旅行でバックパックは機内に持込むべきですね。
ここで、

 

機内に持込めるサイズのバックパックで、海外旅行に必要なものは全部持っていけるの?

 

こんな疑問も出てくるかと思います。

 

結論からいうと、機内持ち込みサイズのバックパックで、海外旅行は十分に満喫できます。というか荷物はそのくらいに抑えるように、調整するべきです。大量の荷物は体に負担かかりすぎです。

 

海外に不安で、たくさん荷物を持って行きたいのは分かります。
でもそれじゃ、疲れるわ、体痛めるわ、で旅どころじゃなくなります。完全に逆効果ですね。

 

ちなみに、国内旅行に比べて、海外旅行の必需品って、

  • パスポート
  • 海外旅行の保険証
  • ビザ(必要な場合のみ)
  • コンセントの変換プラグ

くらいですかね。
まぁいく場所や旅のプランにもよりますが。

なので初めての海外旅行でも特別に身構える必要ありません。
国内旅行からちょびっと荷物が増えるくらいですよ。

しかも以上のアイテムは場所を取らないものばかりです。
バックパックの容量を圧迫することもないですよね。

 

参考までに僕の実績では、47リットルのバックパックで、ヨーロッパを10日間だとか、南米を2週間だとかを楽勝で旅できています。しかもバックパックの中身には3〜4割くらいの余裕はあって、帰りのお土産スペースも十分です。旅慣れした今では、もっと減らせるとすら思っています。

 

最近の旅行用グッズはコンパクト化していてホントに場所を取らないです。
かさばる衣類やタオルも圧縮袋で驚くほどちっちゃくなりますよ。

 

なお衣類のパッキングには「Pack-It」が反則級の高性能で絶賛愛用中です。

 

以上より、荷物を持ち歩く場面がたくさんある海外旅行では、「備えあれば憂いなし」という考え方は捨てた方がいいかもですね。
「最悪、現地で買えばいいや」って思うことで、荷造りの気も楽になりますよ。

 

海外旅行のバックパックで「機内持込み」のほかチェックする項目は?

喜びPhoto by Nghia Le on Unsplash

「機内持込みサイズ」にも、バックパック選びでチェックしておきたい項目はあります。

 

バックパック選考基準は、

  • (1)機内持込みできるサイズ(解説済み)
  • (2)ポケット・収納が多くて機能的
  • (3)荷物が出し入れが簡単
  • (4)ヒップハーネス付き

でしたよね。(2)〜(4)を解説します。

 

ポケット・収納が多くて機能的

小物類はバッグパックに入れる前に、バッグインバッグ状態で小分けに梱包するかと思います。

でもバックパックに大小いろいろなポケットが付いていれば、そもそも小分け用のバッグが不要ですよね。

 

そのままブチ込んじゃえばOK

 

  • 電子機器類はこのポケット
  • 衛生用品はこのポケット

と決めておけば取り出しも簡単ですよね。

 

荷物が出し入れが簡単

バックパックの奥底に入っているものは、荷物をいったん全部出さないと取り出せない。
なんてバックパックは使いものになりません。

荷物を取り出す度にイライラが蓄積してしまいます笑

 

  • 全体がガバーッとファスナーで開ける
  • 底近辺の荷物取り出し専用のファスナーがある

といった機能は絶対に必要です。

 

ただし、中身をどこからでも取り出せる、ということは盗難のリスクも高まります。

 

チェーンロックや南京錠でしっかりとセキュリティ対策をしておきましょうね。

 

 

ちなみに僕の場合だと、雨が降っていなくてもバックパックには頻繁にレインカバーをつけています。

レインカバーはバックパックに必ずしも付属しているわけではありません。
持っていると何かと役立つので、こちらもチェックしておきたいですね。

 

ヒップハーネス付き

腰周りを固定してお腹の前でカチッと装着するアレですね。
これは隠れた名選手で、あるのとないのでは疲労度まったくが違います。

ヒップハーネスをしっかりと固定することで、バックパックが体に密着します。
揺れなどによる余計な荷重がかかるのを軽減してくれるので、長旅にはマストですよ。

 

何より「守られてる感」があります笑

 

お勧めのバックパックを詳しく紹介

冒頭で紹介したお勧めバックパックを詳しく紹介していきます。

 

海外旅行にお勧めのバックパック
  • Tellus 45(THE NORTH FACE)
  • Rhyolite Pack Aztec(macpac)
  • tribute 40(karrimor)
  • SAAS FEE 40+5(MILLET)

 

Tellus 45|THE NORTH FACE

僕がいま愛用しているバックパックです。
このバックパックを買った決め手は、何よりもデザインがカッチョいいからです。

 

ここにきて、めっちゃフワッとした理由やん笑

 

って感じですよね笑
でもやっぱり、自分がカッチョいいと思えるバックパックを背負うことで、旅も楽しくなりますよ。

 

Tellus 45(Mサイズ)|THE NORTH FACE
素材 210DスノーダイアHTナイロン、355DHTナイロン
寸法(cm) 64.5×30.5×23
容量(L) 47
重さ(g) 1,490
レインカバー 付属
その他特徴
  • 長時間の使用でも疲れにくい背面構造
  • 多数のポケットを配備
  • 伸縮性のあるサイドポケット
  • 2分割できるメインコンパートメントで簡単に荷物を出し入れ

 

寸法は機内持ち込みサイズをオーバーしていますね。
ですがこのバックパックを買うとき、ノースフェイスのショップ定員さんが、

 

これくらいのサイズなら飛行機に持ち込めますよ〜

 

と言ってくれたので、それを信じて買いました。
結果、これまでにサイズを測られたことや、持ち込みNGだったことはありません。

これくらいのサイズオーバーなら大目に見てくれるんでしょうね。

 

以降で紹介するバックパックは「Tellus 45」のサイズまでは、機内持ち込みOKと想定します。

 

Tellus 45の魅力

「Tellus 45」はとにかくポケットが多いです。

サイドポケットは当然のことながら、

  • フロント部分のポケット
  • 雨蓋の表裏にもポケット
  • ヒップハーネスにまでポケット

とポケットのゴリ押し状態です。

ポケットの大きさも大小さまざまです。
用途によって使い分ける事ができて、超便利です。

 

便利なポケットたちの一部(小物類は付属しません)

 

この中でも僕が重宝しているのはヒップハーネスのポケットです。
この部分はバックパックを背負いながらでも荷物を取り出せて、なおかつ自分の目の届く範囲にあります。

 

貴重品を入れるのならヒップハーネスのポケット一択ですね。

 

ヒップハーネスのポケット(小物類は付属しません)

 

 

メインコンパートメント(メインの収納)は、間仕切りで上下に2分割して使えます。

2分割したときは、

  • 上の収納はメインの取り出し口から
  • 下の収納はバックパック底部分のファスナーから

それぞれ荷物を取り出せます。完全に独立して使えますね。

 

ボトム部分(小物類は付属しません)

 

Rhyolite Pack Aztec|macpac

macpacはニュージーランド発のアウトドアブランドです。
ノースフェイスのショップで販売されていて、初めてその存在を知りました。

ノースフェイスでも取り扱われているくらいなので品質は確かなものですよ
中でも「Rhyolite Pack Aztec」というバックパックがおすすめなので紹介します。

 

Rhyolite Pack Aztec(S2サイズ)|macpac
素材 ECO AZTEC® Canvas、500D Cordura Nylon
寸法(cm) 60x29x19
容量(L) 47
重さ(g) 1,670
レインカバー 別売り
その他特徴
  • 抜群の性能を誇るアズテック素材を使用
  • 荷物の出し入れが簡単
  • 取り外し可能なヒップハーネス
  • シンプルなデザイン

 

Rhyolite Pack Aztecの魅力

Rhyolite Pack Aztec」にはmacpacが独自に開発した素材「アズテック」が使用されています。

アズテック素材は「摩耗に強いコットン」と「腐食に強いポリエステル」を、専用の織機で織り上げています。

その結果、両方の素材のいいとこ取りを実現し、強い耐水性と高い耐久性を誇ります。
アズテック素材は経年劣化の少ない素材なので長く使い続ける事ができますね。

 

バックパックの構造的には、フロントジップでメインコンパートメントをガバーッと開けます。

 

全体を開けるフロントジップ
Rhyolite Pack Aztec出典:macpac

 

中身の全体が見渡せて、荷造りも楽チンですね。

また、このフロントジップはトップ部分を開かなくても開閉ができます。
少ない手数で荷物の出し入れができて楽ですね。

 

さらに魅力的なのは、ヒップハーネスが取り外し可能なところ。

 

取り外し可能なヒップハーネス
Rhyolite Pack Aztec出典:macpac

 

そもそも見た目がシンプルなデザインなのに、さらにシンプルになりますね。

いかにも「旅に出ます」「山登ります」みたいなゴリゴリのデザインじゃないので、普段使いにも抜群です。

 

せっかく買うからには、プライベートでも活用したいですよね。

 

tribute 40|karrimor

karrimorの「tribute 40」はバックパックながら、形がちゃんと整っていてPC収納のことも考えられています。

旅行はもちろんビジネスでも使いやすく、仕事・プライベートでの二刀流が可能です!

 

tribute 40|karrimor
素材 ジュニアバリスティックナイロン(KS-N840d JB)
寸法(cm) 55x32x26
容量(L) 40
重さ(g) 1,230
レインカバー 付属
その他特徴
  • ビジネスシーンを考慮された仕様
  • フルオープンできるメインコンパートメント
  • パッキングしやすい整形なかたち
  • 収納できるヒップハーネス

 

tribute 40の魅力

「tribute 40」はビジネスシーンでの利用が計算されたバックパックです。

サブコンパートメントは2つあり、

  • (1)PCホルダー付きでドキュメント収納にぴったりのコンパートメント
  • (2)ペンやカードサイズのホルダーが多数ついたコンパートメント

です。

この2つのサブコンパートメントで小物類の収納や出し入れが手軽にできますね。

 

2つのサブコンパートメント(小物類は付属しません)
tribute 40出典:karrimor
tribute 40出典:karrimor

 

 

メインコンパートメントはスーツケースのようにフルオープンで開閉できます。
中身を全体見渡せるので、荷物の出し入れがとても簡単です。

形状も四角い形なので、スペースを無駄なく使えて収納効率がいいですね。

 

メインコンパートメント
tribute 40出典:karrimor

 

 

ヒップハーネスは邪魔なときには収納できるように、専用のポケットが付いています。

 

収納できるヒップハーネス
tribute 40出典:karrimor

 

SAAS FEE 40+5|MILLET

SAAS FEE 40+5」は、最初に紹介したTHE NORTH FACETellus 45」のMILLET版って感じですかね。

サイズなどの物理的な仕様から機能面まで、いろいろ似ています。

 

SAAS FEE 40+5(Mサイズ)|MILLET
素材 N/210 CORDURA® OX
N/210D DOUBLE R/S SD (68*62) PU
寸法(cm) 62x29x20
容量(L) 40+5
重さ(g) 1,570
レインカバー 付属
その他特徴
  • ファーストクラスの背負い心地を生み出す背面クッション
  • 多数のポケットを配備
  • 強靭さと軽量化を両立するナイロン生地を使用
  • バランス良い収納を可能にする2気室構造

 

SAAS FEE 40+5の魅力

SAAS FEE 40+5」の魅力は、ポケットの数が多い事。
サイドポケットや雨蓋、ヒップハーネスといろいろなところに付いています。

荷物を小分けするのにすごく便利ですね

あとはメインコンパートメントを分割できて、ボトム部分を独立した収納として使う事ができますよ。

 

なんかTHE NORTH FACE「Tellus 45」とおんなじ説明じゃね?

 

そうなんです、「SAAS FEE 40+5」の性能は「Tellus 45」によく似ています笑

素材やらサイズ・重さまでほぼほぼ同じで、特に差別化してお伝えできる魅力がありません笑

 

なぬっ!?
どっちも同じくらい魅力的で、選び難いっていう事ですね。

 

ここまできたら正直なところ、好みの世界ですね笑

 

海外旅行のバックパック|まとめ

以上、海外旅行のバックパックについての記事でした。

 

準備万端で素敵な海外旅行を楽しんできてください♪
あざっす

 

まとめ
この記事で紹介したお勧めのバックパック
  • Tellus 45(THE NORTH FACE)
  • Rhyolite Pack Aztec(macpac)
  • tribute 40(karrimor)
  • SAAS FEE 40+5(MILLET)

 

お勧めな理由
  • (1)機内持込みできるサイズ
  • (2)ポケット・収納が多くて機能的
  • (3)荷物が出し入れが簡単
  • (4)ヒップハーネス付き

 

以上です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください