RevitAPI

【RevitAPI】SharpDevelopの日本語化&基本設定

はじめに

Revitでマクロ作成時に使うShapeDevelopの設定あれこれを紹介します。

日本語化

ShapeDevelopを日本語化する手順を紹介します。

AutodeskのウェブサイトではRevit上での使用は英語版のみと言われているので、
日本語化で何か不具合が生じるのかもしれません。

取り扱いは自己責任でお願いします。

SharpDevelopのバージョン確認

ShapeDevelopを起動します。
HelpAbout...より、About ShapeDevelopのダイアログが開きます。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

ここでのShapeDevelopのバージョンは4.2.0となっています。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

リソースのダウンロード

こちらのサイトから日本語化リソースをダウンロードできます。
バージョン4.2.0版がないので、とりあえずバージョン4シリーズの最新版をダウンロードしてみます。

リソースを選択
RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

対応するページに移動するのでzipファイルをダウンロード
RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

リソースの適用

Revitは閉じた状態で作業します。

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると、StringResources.jp.resourcesというファイルが入っています。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

これをコピーして下記フォルダに貼り付けます。

"C:\Program Files\Autodesk\Revit ●●●●\SDA\data\resources"(●●●●はRevitのバージョン)

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

上記フォルダ内にさらにlanguagesフォルダがあります。
ここに移動するとLanguageDefinition.xmlというファイルがあるので
メモ帳で開きます。
RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

テキストを見てみるとJapaneseと記述された行があります。

<!--<Languages name="Japanese"                      code="jp"       icon="japan.png" />-->

これを下記のように変更します。

<Languages name="Japanese"                      code="jp"       icon="japan.png" />

日本語化の実行

RevitShapeDevelopを起動します。ToolsOptins...を選択します。
Optionsのダイアログが開きます。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

左側でGeneralUI Languageを選択すると、右側に国旗マークが表示されます。
ここでJapaneseを選択してOKを押します。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

日本語表示になりました。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

いったん日本語に変更しても、ShapeDevelopを起動するたびに英語に戻ってしまいます。
Autodeskフォルダの中にShapeDevelopがインストールされているからでしょうか。

謎です。

基本設定

日本語化設定をしたOptionsでいろいろ設定できます。
ToolsOptins...を選択します。

日本語化されているときはツールオプションを選択でオプションダイアログが開きます。

僕は初期状態で満足しているので、ほぼデフォルトの設定から変更していません。
唯一変更しているのがインデントを2にしているくらいです。

日本語版ではテキストエディタ動作から、英語版ではText EditorBehaviorから設定できます。

RevitAPIでSharpDevelopの日本語化&基本設定

以上です。

 

↓↓C#初心者の僕が独学でお世話になった本↓↓



↓↓プログラミング初心者の僕がコーディング学習でお世話になった本↓↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください