RevitAPI

【RevitAPI】SharpDevelopでモジュール作成

はじめに

RevitAPIを使ったプログラミングでマクロを実装するための準備をします。
ここではマクロマネージャを使用したモジュールの作成手順を紹介します。

ここでいうマクロとモジュールは以下のようなイメージです。

マクロ Revitをあれこれ操作する命令を記述したプログラム
モジュール マクロを記述したり実行するためのフィールド

マクロマネージャでの操作

それでは早速モジュールを作成します。
まずはマクロマネージャの起動から始めます。

マクロマネージャの起動

Revitのリボンタブから管理マクロマクロマネージャを選択します。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成

マクロマネージャのダイアログが起動します。

アプリケーションマクロとドキュメントマクロ

マクロマネージャ左上タブで

  • アプリケーション
  • TestModel(マクロマネージャ起動時のモデル名)

を選択してモジュールが作成できます。
それぞれ作成したモジュールで実行するマクロを

  • アプリケーションマクロ(アプリケーション単位で実行できるマクロ)
  • ドキュメントマクロ(ドキュメント単位で実行できるマクロ)

と言います。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成
ここではアプリケーションマクロの作成手順を説明します。

新規モジュールの作成

アプリケーションモジュールを選択します。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成

新しいモジュールを作成ダイアログが起動するので、モジュール名・言語・説明を下の表を参考にして設定します。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成
モジュール名 半角英数字で設定します。ただし数字から始まる文字列はNGです。
言語 C#、VB.Net、Ruby、Pythonから選択できます。ここでの説明はC#で行うので、C#を選択してください。
説明 このモジュールについての説明ができます。省略することも可能です。

すべて設定できたらOKを選択します。
新規モジュールが作成されてShapeDevelopというソフトが起動します。

作成モジュールの確認

作成したモジュールを見てみましょう。

SharpDevelop

下図のような画面でShapeDevelopが起動しています。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成

マクロマネージャの確認

いったんRevitの画面に戻ります。
正しくモジュールが作成されていればマクロマネージャに先ほど設定した名前、TestMacroと表示されています。
このTestMacroがひとつのモジュールです。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成

以上でモジュールの作成は完了です。
マクロを作成する手順は下記をご覧ください。

【RevitAPI】SharpDevelopでマクロ作成はじめに モジュール作成ではマクロを作成する準備をしただけなので、完成したものはマクロ未搭載のからっぽの箱です。 これにコードを記述...

 

備考

モジュールの保存場所

アプリケーションマクロでモジュールを作成したとき、PC内にそのモジュールのファイルが作成され保管されています。

下記フォルダがファイルの場所です。

"C:\ProgramData\Autodesk\Revit\Macros\●●●●\Revit\AppHookup"(●●●●は作成したRevitのバージョン)

今後ShapeDevelopTestMacroモジュールでマクロを作成・編集するとき、
その都度この場所の「TestMacro」フォルダ内が更新され、常に最新状態を保持します。
自動ではバックアップファイルは作成されないので、定期的にバックアップを取っておくことをお勧めします。

C#でRevitAPI学習・SharpDevelopでモジュール作成

以上です。

 

↓↓C#初心者の僕が独学でお世話になった本↓↓



↓↓プログラミング初心者の僕がコーディング学習でお世話になった本↓↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください