RevitAPI

【RevitAPI】SharpDevelopでアイテム作成

はじめに

オリジナルでクラスやフォームを作成するときには、それに対応した新しいアイテムを作成することになります。

ここではその手法を解説します。

アイテムの作成

New Item...

ShapeDevelopProjectAddNew Item...を選択します。

プロジェクトウィンドウでモジュール名を右クリック、
AddNew Item...でも可能です。

プロジェクトウィンドウ

AddNew Item...

New Fileのダイアログが立ち上がります。

クラス用のアイテム作成

Categories:のツリーからC#フォルダを選択し、Templetes:からClassを選択します。File Nameで.csの名前を設定して、Createを選択します。

プロジェクトウィンドウ.csファイルが作成されます。.csのソースコードは初期状態で下記のようになっています。(                は設定したcs名)

using以降

using System;
  
namespace TestMacro
{
  /// <summary>
  /// Description of Class2.
  /// </summary>
  public class Class2
  {
    public Class2()
    {
    }
  }
}

フォーム用のアイテム作成

Categories:のツリーからWindows Applicationsフォルダを選択し、Templetes:からFormを選択します。File Nameで.csの名前を設定して、Createを選択します。

プロジェクトウィンドウ.csファイルが作成されます。.csのソースコードは初期状態で下記のようになっています。(                は設定したcs名)

using以降

using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;
  
namespace TestMacro
{
  /// <summary>
  /// Description of Form1.
  /// </summary>
  public partial class Form1 : Form
  {
    public Form1()
    {
      //
      // The InitializeComponent() call is required for Windows Forms designer support.
      //
      InitializeComponent();
      
      //
      // TODO: Add constructor code after the InitializeComponent() call.
      //
    }
  }
}

まとめ

クラス、フォームでそれぞれ初期状態のアイテムが作成できましたね。
ここにあれこれコーディングしていきましょう!

 

以上です。

 

↓↓C#初心者の僕が独学でお世話になった本↓↓



↓↓プログラミング初心者の僕がコーディング学習でお世話になった本↓↓



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください